金儲けにまつわる身も蓋もない話 Edit

はじめに

チート。というのはおいておいて、バニラで可能で旨みの大きい悪辣な手法を考えてみるコーナーです。

大型船の鹵獲 Edit

定価100M超えのOdysseus をバンバン鹵獲したいところですが、大抵彼らは重装備です。 そこで普段は気にも留めない
"Hospital Ship" "Arena" "Casino" といったTLを狙います。彼らは丸腰であることが多く、警備の薄いborderセクターにもわりといます。

遠足に用意するもの
安い方のFighterdrone 10-15機くらい
TPにMarinesを10人(全能力☆2-3つ程度でOK、ただしfightingは高いほうが生存率があがる)

投資はこれだけなので、割とゲームの初期段階でMammoth 等を手に入れられます。Marinesが10人ではどうも足りないというときには
・控えのTPと同時にboarding(総勢20人)
・控えのTMから5名引っこ抜いてきて追加でバラ撒く(総勢15人 要Transporter Device)

といったやり方で問題ないでしょう。ポリスには大抵ソーリーの一言で済みます。 ご免で済んだら警察は要らないと言いますが、ほんとに要らないですね。。
たまにカーゴにpassengerとか残ってます。piratebase でenslave もできない。 倉庫にしている船にコレクションしといても仕方ないので、宇宙に放してあげます。
一瞬でどこかに行きます。まるでCargo Lifesupport System の無い船にうっかり 移乗させたときのように・・・。

まぁ、TLが欲しいときはShipyard のあるセクターにいるST運搬請負TLを辺境セクターに 移動させてboarding するという
お定まりのやり方があるのですが、彼らは鈍足でboarding開催予定地に着くまで待つのがかったるいのです。
足が速くて大人気のCobra が欲しいときは、Contorted Dominion にいるCobra がなぜかミサイルを一切積んでなかったりする(たまたま?)ので
Escort さえ取り除けば楽勝。

Return Ship 系統のmission で発生する船を頂く Edit

missionというものは空中から金が湧くようにさくっと儲かるのですが、Return Ship 系統以上に儲かるmission はありません。
ゲーム初期でもM7を手に入れたい場合はこのmissionを利用するのがラクだと思います。Return Ship 系統のmission での
対象船ランクがRace Reputation に依存するのがミソです。その他のmissionでの報酬はTraderank/Combatrank に依存します。
Race ReputationとTraderank/Combatrankのどちらがより簡単に高位になるかといったら前者です。簡単な"Hard""Very Hard"missionを
集中的に行えば、いとも簡単にあなたもArgonのヒーローです(最高位まで行かなくともOK。二つ前くらいでいいような気がする)。

さて、missionの依頼主を探します。X-Universe の住人は対象船の価値からしたら雀の涙の報酬で"Thresher"や"Cerberus"ときには"Cobra"のような
M7Mを持ってきてと仰います。(misson難度が"Average"くらいの方が、大型で高額な船に当たりやすい。また依頼主の種族と船のメーカーは関係なし。
Argon×Thresher みたいな依頼はよくある)こういう想像力に欠ける御仁の所に富が偏在するのは宇宙の為によくないので、富の再分配を買ってでます。
やり方はいくつかあります。

・対象をClaim したら、Shipyard に直行させて売り飛ばす
→destroyed扱いになり、警察は来ない。ちょっぴりRep. が下がるだけ。
この方法が最も楽ですが、対象を所有したい場合や修理して高く売りたい場合は 適切な方法ではありません。そういう場合、次の方法を採用します。

・対象をClaim。その後時間制限前にmission をabort する
・対象をClaim。時間切れを待つ
これらの方法はちょっぴりRep.が下がるのに加え、abort や時間切れ後にしばらくすると、警察が船の近くに湧きます。
警察を自分で撃退すると大量にRep. が下がってしまいます。それでは今後の活動に差し障るので、招かれざる客の相手を喜んでしてくれる人達に
お任せするのが得策。Xenon や Yaki セクターに船を移動させ、彼らにポリスのお相手をして頂きます。Yaki と敵対していなければ、YakiのShipyard に
船を格納して嵐が過ぎ去るのを待つのが楽です。熱しやすく冷めやすいポリスは一度しかやってこないので、後は手に入れた船を乗り回すなり
同じ事を繰り返すなり楽しい仕事にかかります。

依頼主の希望通りきちんと船を返却する場合でも、Extraが手に入ることがあります。対象のM7MにHHTorpedoやFlailbarrage Missile が
なぜかごっそり積まれてて、積荷だけ抜いてしれっと返したら何も言われなかった、なんてことがありました。ミサイルだけで14Mくらいにはなりました。

また、これは試したことが無いので実際できるかわからないのですが
「M7以上の返却先が一般のステーションでドック不可であるときは、ステーションの近くに船を寄せればミッションが終了する性質を利用。終了したら運んできた船にboarding する」
という荒業もあるようです。

製品がSecondary ResourceでもあるNPC工場で買いと売りを繰り返す Edit

名指しはしませんが、こうした工場は買値/売値が在庫状況により変わるシステムが生み出す弱点を抱えています。
具体的には 買占め→売却→安くなったのを買占め→売却というサイクルを高速で繰り返します。
作業的ですがスピードはあり、Traderank やRep. やCr がばりばり上がります。
「NPC、気づけよ。」という気持ちになること請け合い。

あとがき Edit

工場・ST/UT・トレードに比べたらミッション報酬は優遇されすぎていると思う。 それすら超えて単位時間当たりのprofitsss! を
増やそうと思ったらここで取り上げたような方法を使うか、大量の工場を運用するとかそういうことになるんだろうか。

一定額の資産を目指してタイムアタックをするなら、こうした方法を使いつつ、資金が貯まったら片手間に大量の工場やST/UTを
運用するのがよさそうに思う。ST/UTの効率が落ちだすのは何隻目あたりになるかを考えながらやらないといけない。

うーん、つまらなそう。馬鹿馬鹿しい実験を考えて実行してる方がよほど楽しそう。
さて、Xenon セクターにFighterdrone を大量散布する仕事に戻るとしますか。
えーっと10,000撒くにはカーゴが・・・

(columnist: universo 2010/06/13)

ホーム   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS